車買取|トヨタプリウスの買取相場

エコカーの代名詞!トヨタプリウスの買取相場

prius

エコカーと言えばプリウス、ハイブリッド車と言えばプリウスと言われるほど、中古車市場においても人気のプリウス。新型が登場し旧型プリウスの買取相場は下落傾向にあります。

 

それでも、ガソリンの消費を抑えることができるハイブリッド車は人気が高いため、5年落ち6年落ちとなっても、それなりの価格で売却することができます。

 

例えば、会社の営業車を購入しようとした場合、価格の高い新車よりも、安い中古車で済ませたい。そしてなるべくならお客様への印象を良くしたいという欲張りな経営者に、旧型プリウスはメリットの大きな車なのです。

 

例えば、ハイブリッド車、とりわけプリウスは、それに乗って営業しているだけで、「エコに関心がある会社」、「環境に配慮している」という印象を与えることができるので、普段レクサスに乗っているような社長さんも、営業に出かけるときはプリウスで・・という方は多いものです。

 

更に突っ込んだ話をしますと、エコカーだからと言ってピカピカの新型プリウスは、「お!儲かってるねぇ」と高価な印象を与えてしまうことがあるため、あえて中古車を選ぶ方も多いようです。

 

そういう意味で、旧型のプリウスをお持ちの方は、一括査定を利用して買取価格をチェックしてみることをお勧めします。予想に反して大きな買取価格が見込めるかもしれません。

 

ちなみに、「車検が残っているから」というのは、高く売るためにそれほど重要なことではありません。長期間の車検が残っている場合には若干買い取り額がアップすることもあるようですが、意識する必要は無い程度です。

 

ちなみに、私の周りで買い取り実績が一番多いのはズバット車買取比較です。
公式サイト:http://www.zba.jp/car-kaitori/


トヨタプリウスに意外な高値が付くことも

ご存知の通り、プリウスは新型が登場したばかりなので、平成27年式以降のプリウスは200万円以上の高値で売ることができます。

 

旧型であっても、最近5年以内のグレードであれば、60万円以上の価格が付くことも少なくありません。

 

 

プリウス売却時の特徴は、長距離を走っている車(走行距離が長い車)や低年式の車であっても、程度によっては高い買い取り額が付くのす。

 

これはエコカーの特徴なのですが、長い距離を走っていても、前のオーナーがエコ重視で車に負担をかけないような走り方をしている人が多いということです。

 

確かにプリウスに乗って、ブンブンエンジンをふかして乗る方は少ないと思いますので、年式や走行距離の割に程度が良いというのが高価買取のポイントになっているわけです。

 

そして、更にエコを心がけている方は臭いやほこりなどにも敏感な方が多いので、車内も清潔に保たれている場合が多いということもプリウスの評価を上げている理由の一つです。

 

売却する時も、中古車を購入する側も気持ちよく取引ができるのがプリウスの大きな特徴と言えるでしょう。

 

⇒「必見!」車買取に必要な基礎知識