新型プリウスPHVモデルチェンジ

新型プリウスPHVがいよいよモデルチェンジ!その特徴とは?

多くの人々に愛され続ける日本のハイブリッド車プリウス、昨年の東京モーターショーで話題になって以来、相変わらずの売れ行きを見せています。

 

来年にはプリウスのPHV車が登場しますので、その特徴について詳しく触れていきたいと思います。PHV車は短い距離ならば100%電気走行が可能で、ガソリンを消費しません。

 

今回の新型プリウスPHVの魅力に迫っていきましょう。

 

プリウスPHV スタイリングが違う!

 

新型プリウスPHVは、現行のプリウスとはスタイリングが大きく異なります。屋根についているソーラーパネルが印象的ですが、それ以外にも特徴的なテールが印象的です。

 

プリウスPHV

 

プリウスPHV

 

プリウスPHV

 

これまで以上に、通常のプリウスとは一線を画す存在であることを強烈にアピールして、先進性を印象付ける戦略です。これまでプリウスとなんら変わりない外観に不満を抱いていたオーナーも、所有する喜びを感じられるようになるでしょう。

 

プリウスPHV 電気走行距離が長い!

 

プリウスPHV

 

今度のプリウスPHVのEVでの走行距離は60kmとなりました。普段は通勤でしか車を使わないという方は、ほとんどガソリンを消費することなく移動することができるようになります。

 

ちなみに、通勤に使う方の1日の走行距離の平均は20kmほどと言われています。

 

プリウスPHV 家庭でも設備なしで充電できる!

 

プリウスPHV

 

新型プリウスPHVは、家庭用の100V(6A)に対応することになりました。これによって、家庭に特別な設備をしなくても、気軽に充電できます。

 

実家に帰省した時も、コンセントさえ借りることができればすぐに充電することができます。

 

充電時間は、急速充電で20分(80%)、普通充電では、200Vなら2時間20分、100Vで14時間かかります。家に帰ってから朝まで充電するということを考えれば、問題ない時間です。

 

プリウスPHV ソーラー発電に対応している!

 

プリウスPHV

 

世界初のソーラールーフ、まさに「あったらいいな」が今回のプリウスPHVに搭載されました。

 

このソーラールーフの存在によって、駐車中や走行中に、自然のチカラを使って充電ができるようになりました。

 

多くの電気を充電できるわけでは無いので、気休め程度と考えたほうが良いと思いますが、これからはこのスタイルがエコカーのスタンダードになっていくことになるでしょう。

 

プリウスPHV 価格・発売日について

 

気になるプリウスPHVの発売日ですが、2016年内に発売される予定が、少し延期されまして、2017年2月ごろとなりました。延期の理由は技術的なものではないと思います。

 

そして、もっと気になるのが価格です。

 

通常のプリウスの価格が、270万円程度となっていますが、プリウスPHVは320万円程度の価格帯になる見込みです。

 

スタイルも違う、家庭で充電できる、60kmのEV走行ができる、ソーラールーフを搭載している等、多くのメリットがあるプリウスPHVが320万円、実質的には350万円ほどになるでしょう。

 

こうやって記事を書いていても実に楽しい、プリウスPHVです。狙うなら、現在所有する車を高く売って、新車を狙いたいですね。

 

⇒トップページに戻る

 

所有する車を高く売りたいなら、インターネットを使った一括査定を使用するのがベスト。対策をしっかりと考えたいな、当サイトをご活用ください。

 

一括査定で注意すべきポイント、最低限の手間で高く売るためのコツをお教えしています。トップページにお進みください。