新型シビック モデルチェンジ

新型シビック登場!気になる価格帯は?

その昔、私もシビックに乗っていたことがあります。

 

あの時は免許取り立てで、今から20年くらい前の話になりますね。

 

ハッチバックで低い車高でスポーティな感じがとても好きな車だったのですが、最近のエコカーブームの影響か販売が終了してしまいました。

 

そして、2017年夏にいよいよシビックのニューモデルが登場します。

 

civic

 

civic

 

civic

 

2017年に登場するのは、定番のハッチバック・以前から話題になっていたセダン、そしてタイプRもカタログモデルとなり、ラインナップされることになりました。

 

【価 格 予 想】

 

・ハッチバック 200万円〜250万円

 

・セダン 220万円〜310万円

 

・タイプR 430万円

 

価格帯的に見ても、いわゆるコンパクトカーとは一線を画す形となりそうで、どちらかというとスポーツカーという位置づけとなります。この形状を見て、ビビッと来たという方は今から金策をww

新型シビックのスペックのはなし

新型シビックのスペックについて軽くリサーチしていきましょう。

 

タイプRはハッチバック最強と言われるほどのスペックで最高出力310ps、最大トルク40.8kgm/2500rpmと設定されています。

 

驚くほどの低回転でフルパワーが発揮できるので、日本の公道でもある程度は楽しめるスペックだと思います。

 

ただ、価格帯的にそれほど多く売れる車でないことは確かでしょう。

 

シビックセダンについてですが、セダンを購入するのにわざわざシビックでなくても・・とも感じるので、やはり売れ筋はハッチバックということになりましょう。

 

【新型シビックハッチバックのスペック】

 

全長 4497mm × 全幅 1800mm × 全高 1421mm

 

サイズは前モデルよりも大きくなりました。ちなみにマツダデミオのサイズが「4060mm×1695×1525」ですからそれと比較しても長くて低い車体ということになります。

 

エンジンは以下の3種類が予定されていて、2018年ごろまでにハイブリッドモデルの導入が検討されているようですが、正直言ってシビックにハイブリッドはいらないかと思います。

 

・1.5L VTEC ターボ 176ps/22.4kgm

 

・1L VTEC ターボ 129ps

 

・1.6L i-DTEC ディーゼル

 

デミオの「SKYACTIV-D水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ」で105psということを考えると新開発の1Lターボの129psという数値は十分すぎるほどですね。よりパワフルな走りを目指す方は1.5Lを目指すのが良いでしょう。おそらく価格は250万以上になることが予想されます。

 

久々にホンダらしいかっこいい大衆車が登場しますね。車に少し遊び心を復活させようとする姿勢には共感できます。安くて速くてかっこいい車、それが新型シビックであってほしいと思います。