車買取一括査定で見られるポイント

査定師が見に来たら!|査定前の準備について

judgment

インターネットを使った一括査定で、買取業者から買取価格の提示を受けた後、本格的に始まるのが、実際に車を査定師に見せて価格を判断してもらうことです。

 

嘘をついてでも高く買ってもらおう、とか少しぶつけたことがあるけど黙っておこうとか、そういった考えは捨てて、正直に買取業者と向き合うことが最も重要です。

 

査定師と呼ばれる方は、毎日正しい査定を行うための訓練を受けています。修理履歴や事故歴を見なくても、車を見ればそれだけで、その車がどのような経歴をたどってきた車なのか、すぐにわかってしまいます。

 

ごまかしや嘘はあなたの信用を落とすだけで、買取価格に影響を与えることは一切ありません。事故は事故、キズはキズ、すべてをありのままに、「それでも高く買い取ってほしい」という気持ちで応対することが肝心なのです。

 

例えば、ボンネットの間の左右の隙間を見るだけで、その車がどのような扱いをされてきたか?すぐにわかります。塗装の劣化具合なども診断されます。今回は、プロの査定師が訪れたときに備えて、準備をする部分をご説明します。

 

もしかして、車に難癖をつけられて、安く買い取られてしまうのではないか?と疑いをもたれる方もいるのではないでしょうか?車の買取店が依頼する査定師というのは、中古自動車査定技能試験を通過している方のことで、売りたい方、買いたい方、双方に公平公正に査定をしてくれるのです。

 

【参 考】
※中古自動車査定技能試験の内容
(一般社団法人日本自動車査定協会HPより)
・中古自動車査定制度
・中古自動車査定基準、同細則及び加減点基準
・自動車の構造、機能及び取扱い
・保安基準、その他自動車に関する法規
・その他査定に関する事項
※筆記試験の他に、査定に関する実技試験があります。


査定師に見られるポイント

当たり前のことですが、査定師は買い取る車の状態を隅々まで見て、減額のポイントが無いかどうかをチェックします。

 

まずは、あなたが申告して年式やグレードが正しいものであるか、車検証や整備記録を見ながら照らし合わせる作業から始めます。その後、外装・内装を確認して、最後にエンジンルームや、車軸などを見て完了になります。

 

改造している装備については、あらかじめ伝えておけばそれが違法でなければ全く問題ありません。もしかすると高い査定を受けられるかもしれませんし、どのようなものでも自己申告しておいたほうが良いでしょう。

 

judgment

 

フロントガラス、ボンネット、エアロに傷が無いかどうかも入念にチェックされます。例えば数年間も乗って、全く傷の無い車などあるワケないので、それほど敏感にならなくても問題ありません。

 

車の査定で最も重要だと言われている部分は、車体のゆがみです。車が歪んでいるということは、過去に事故を起こした可能性が高くなります。その場合には減額されてしまうこともあります。

 

ある程度の年数を乗っていれば、車が劣化するのは自然なことですし、査定師の方もそれをわかって見ている部分もあります。

 

それほど多くのことを気にすることなく、ある程度はお任せしてしまおうという、「軽めの気持ち」もとても大切なことです。あらかじめ査定額はわかっているので、重大な申告漏れが無ければ、それほど大きな減額はありません。

 

⇒「必見!」車買取に必要な基礎知識