一括査定サイトでの対策

一括査定サイトでの対策

一括査定サイトを利用する目的は、もちろん現在所有する車を高く売ること。
これに尽きます。

 

目的を達成するために必要な心構えは、「高く売りたい」という意思です。「面倒だ」という気持ちでは目的を達成することはできません。

 

一括査定対策

 

しかし、一括査定サイトを利用する価値は、大きい場合は数十万円以上、ディーラーに下取りに出すよりも確実に多くの現金を手に入れることが可能です。

 

一括査定対策 一括査定を利用する場合の対策

 

一括査定サイトは、複数の業者に一斉に買取価格を依頼することになります。従って、複数の業者に依頼した場合には、複数の連絡が入ります。

 

連絡は主に電話で行われますので、かかってくる電話が煩わしいと感じることもあります。

 

もし、思ったような買取価格が提示されず、売却をあきらめる場合、電話がかかってきても断れば問題ありませんが、心配ならば一括査定サイトの問い合わせフォームを利用して、電話連絡を停止させることができます。

 

一括査定対策

 

意外と知られていないのは、一括査定サイトを利用したからと言って、必ずしも売らなければいけないということはありません。ディーラーとの交渉に向けて、情報を収集する目的で利用することもできるのです。

 

まずは、買取店からの連絡は、途中で打ち切ることができるということを覚えておいてください。

一括査定サイトを利用する注意事項

一括査定サイトを利用するにあたっての注意事項は、安易に「売る」という判断をしないことです。

 

まずは、全買取店の話を聞いて、自分の車を高値で買い取ってくれる業者の候補を絞り込んでください。本当に売るつもりがあるなら、ここから先が重要なポイントとなります。

 

交渉や会話が苦手な方も、以下については必ず確認しておくようにしましょう。

 

買取店が電話で連絡してくる目的の一つは「本人確認」です。インターネットを利用したいたずらでないかどうか?本当に車の所有者であるか?ということを確認する意味も含めて電話で連絡をしてくるのです。

 

インターネットを利用した無料のサービスは、残念ながら悪質ないたずらも多く、買取店側も最初は慎重な対応を示してきます。

 

まずは「お世話になります」、「忙しいところありがとうございます」などの言葉を使って、買取店側の不信感を払しょくしてあげることも、必要なテクニックとなります。

 

常識的な買取店への対策として以下については必ず守るようにしてください。

 

・電話はなるべく受けられる状態にしておく
・おおよその買取価格を教えてもらう
・即決はしない
・買取額の振込方法やタイミングを教えてもらう
・提示された金額の有効期限はいつまでか?

 

買取店からの連絡については、煩雑にならないようにメモを取るなどして、他の買取店の情報と重複しないように注意しましょう。

 

買取店はいずれも、あなたが一括査定サイトを利用していることをわかっていますので、無駄な交渉は不要です。他の業者の買取価格の情報を漏らすとか、少し高い値段を言って価格をつり上げようとするのはナンセンスです。

 

万が一、買取店から「他の業者の買取価格は?」と聞かれても、「まだ連絡が無い業者もあるので、お答えできません」と言って、漏らさないようにしてください。

より具体的な対応方法

一括査定対策

一括査定サイトを利用した結果、複数の買取店に見積を依頼することになります。

 

交渉を有利に進める上で、必要な言葉遣いについて、具体的にお示ししますので、会話が苦手な方は特によくご確認いただければと思います。

 

一括査定サイトを利用した場合、「知らない電話番号」から電話がかかってきます。

 

「知らない電話番号」から着信があった場合は、「買取店」だと思って、買取店名と担当者の名前を聞き逃さないように注意してください。

 

買取店名と担当者名は必ずメモして、後でこちらから連絡する場合に困らないようにしましょう。

 

買取店名

担当者名

買取価格

支払時期

〇〇〇〇〇 〇〇様

******円

・・・・・・・・
▲▲▲▲▲ 〇〇様

******円

・・・・・・・・
××××××

〇〇様

******円

・・・・・・・・

 

このような形で、全社分がそろうまで続けていると、ある程度時間が経過してしまっても安心です。

 

一括査定対策 全買取店の情報が集まったら

 

こうやって全買取店の情報が集まったら、本当に売るのか?売らないのか?の判断をします。

 

売らない場合は、すぐに買取店からの連絡を中止する必要がありますので、利用した一括査定サイトの問い合わせから、「電話による連絡停止希望」を行ってください。


売ると決めてからの対応について

一括査定を利用して、売ると決めた場合の対応について解説します。

 

まず、売らない業者に対しての断り文句についてです。売らない業者に「他に売ることに決めました」と言ってしまうと、「他社よりも高く買うから・・」と迫られてしまうことがあります。

 

そこは「買取価格を聞いた結果、今回は売らないことに決めました」と言うのがベターだと思います。

 

売らない業者に対しては、「売るつもりが無い」ということを明確に伝えるのが重要なポイントです。何を言われても「今回は見送ることに決めました」と断り続けてください。

 

売ると決めてから、他の業者からの電話連絡をシャットアウトする目的でも、前述した「電話による連絡停止希望」が有効です。

 

売ると決めた業者に対しては、メモした情報に基づいて、こちらから連絡をしてあげれば良いのです。

 

・先日〇〇(車種名)の査定を依頼した〇〇と申します。担当の〇〇さんはいらっしゃいますか?
・先日ご提示いただいた価格で〇〇(車種名)の売却を前向きに進めたいと思っています。
・もう少し具体的な内容をお伺いしたいのですが?

 

というように話を進めてけば、自動的に買取店側が本格的な査定に動いてきます。大事なことは、まだ売ると決めたわけでは無いということです。

 

本当に売ると決めるのは、しっかりとした契約書が作られて、そこに言われた金額が記載され、支払い条件などにも満足してからとなります。

 

買取店がすでに「売る」という意識で動いてきても、契約書にハンコを押すまでは、契約は成立しませんから、「売却は契約書を確認してから」ということでお願いします。

 

この一連の流れで、買取店の絞り込みは完了です。

 

一括査定対策 契約書にはすぐに押印しないこと

 

買取店から契約書の提示があると思いますが、その場で押印しないというのは基本中の基本です。「いったん持ち帰ります」といって、必ず中身を確認してください。

 

買取金額や支払タイミングが特に重要な項目です。査定額を減額されてしまう条件についても契約書に記載されているはずなので、必ず確認してください。

 

例えば修理歴や事故歴など、あなたが申告していなかった場合、査定額を減額されてしまう場合があります。

 

契約書については、できれば第三者(家族など)にも見てもらうようにしておくと、後のトラブルを避けることができます。疑問があったら押印前に必ず担当者に聞くようにしてください。

一括査定サイトでの対策(まとめ)

大体ここまでやれば、一括査定サイトを利用した車の売却でトラブルになることはありません。

 

一番多いトラブルは、契約書に押印した後に発生しているので、契約書を何度も確認し、わからないことを聞くということが非常に大切です。

 

しかし、どうしても不安な場合は、一括査定サイト自身がお客様の質問やトラブルを解決してくれます。

 

一括査定.com |厳しい審査を通過した優良企業のみがエントリー

一括査定.comは「一般社団法人 日本自動車流通研究所」が運営する一括査定サイトで、査定業者はいずれも厳しい審査を通過した優良企業のみとなります。各企業が競ってあなたの車の最高値を算出するシステムで、「お客様相談室」が設置されており、悩みごとやトラブルに関する相談に乗ってくれます。業者とのやり取りに不安を感じる方には、最もお勧めできる査定サイトです。

かんたん車査定ガイド |日本自動車流通研究会加盟企業のみがエントリー

非常に詳しい公式サイトでの解説が特徴の一括査定サイトです。こちらで査定を担当する買取店は、JADRI「日本自動車流通研究会」に加盟する優良企業のみとなります。
一流の買取店ばかりがあなたの車を査定してくれるため、値段のつかないような古い車や、珍しい車の査定にもお勧めです。査定だけでもOKと堂々と告知しているのも安心のポイントです。

 

上記の2サイトは、一括査定サイトの中でもダントツに利用者が多く、安心して利用することができるお勧めの一括査定サイトとなります。

 

それぞれに、厳しいガイドラインを設けて、買取店を厳選しているのと同時に、一括サイト自身でユーザーサポートサービスを提供しています。

 

査定初心者の方は、上記の2サイトのようなサイトをまずは利用して、感覚をつかむことも大変重要です。例えば「必要な書類は?」とか、「書類を紛失して困っている」とか言う悩みにも真摯に対応してくれます。

 

一括査定サイトで車を高く売りたいなら、大人としてしっかりと対応し、最後まで安心したサービスを利用していきましょう。

 

⇒トップページへ戻る

 

⇒初心者向けコンテンツ(一括査定ガイド)