車買取|車買取一括査定で高く売れるカラー

人気のカラーを把握して車買取を有利に進めよう

color

車を高く買い取ってもらう一括査定において、年式やグレードといった基本情報の他に、大事な要素として車の色(カラー)があります。

 

ディーラー査定とは異なり、車買取一括査定においては、その時のトレンドや人気が大きく買い取り価格に影響するため、新車を購入する時点でそのことを踏まえて購入することが大事な行動となります。

 

メーカーや車種によって、定番色はよく売れるので高い買い取り額が期待できますし、ホワイトやブラックなどの当たり障りの無いカラーも平均的な買取価格を引き出すことができるでしょう。

 

crown

 

逆に、その年式の特定の車種にしか存在しないような、マニアにしか受け入れられないようなカラーは、中古車市場では避けられる傾向があるので注意が必要です。

 

今の車を高く売って、次の車につなげるという考え方なら、「自分の個性」よりも平均的なカラーを選定することがとても大事な考え方になります。

 

逆に、画像のようなクラウンのピンクは、中古車で購入しようとする人は少ないと思いますが、そもそもタマ数が少ないという希少性もあります。

 

企業やデザイン学校などの、広報車としての使用が考えられるため、需要と供給のバランスは取れていると見ることができます。

 

特別仕様車とか、限定カラーは場合によっては高値が付くこともあります。

 


メーカーや車種の人気色を考える

メーカーや車種によって、定番カラーを設けている車もあります。例えばわかりやすいところで、マツダが推しているのがソウルレッドプレミアムメタリックですね。

 

デミオやロードスターといった人気車種の定番カラーとしても採用されており、カラーを見るだけでそれがマツダの車であるということがわかります。

 

demior

 

このようなカラーは中古車になっても古臭いというイメージが無く、先進的なデザインをいつまでも感じさせてくれるため、中古車市場でも人気色となります。中古車市場で売れる車は買取価格もアップします。

 

demios

 

こちらは、同じくマツダのデミオという車種なのですが、スモーキーローズマイカというカラーです。もし、あなたが中古車を購入するなら、どちらの色を選ぶでしょうか?

 

人それぞれ感覚は異なるとは思いますが、中古車だったらソウルレッドプレミアムメタリックのほうが選ばれる可能性が高いと思います。

 

同じ車種、同じ年式であっても、カラーによって数年後の車の価値は大きく異なるものなのです。

 

流行を活かせるというのは、一括査定のメリットでもありますので、新車・中古車を選ぶときは、乗り終えた後のことも考えてカラーを選定するようにしてください。

 

⇒「必見!」車買取に必要な基礎知識