車買取で契約が解除される時

車買取で契約が解除される時と場合

cancellation

車の買取を依頼して、契約したのにも関わらず、それが解除されてしまうことがあります。せっかく色々と手間をかけて売った車が、契約解除になってしまうのはもったいないですね。

 

今日は、どんな時に車買取の契約が解除されるのか?について考えてみたいと思います。

 

そもそも契約とは、売り手側と買い手側の双方が、納得をして約束をした証です。双方の約束ですから、よっぽどのことが無い限りは契約を解除することができません。

 

しかし、契約書には、契約が解除される時と場合についての記載があります。契約を交わす前に、少々大変でも契約書を隅々まで見渡して、後でトラブルにならないように注意する必要があります。

 

【契約が解除される理由】
契約が解除されてしまう理由の多くが、売り手側の不正にあります。
例えば、買取査定の前に、走行距離を示すメーターを改ざんしてしまったり、
事故歴があるのにも関わらず申告をしていなかったりです。

 

こういった場合は、売り手側の明らかな不正となりますので、「不正が無い前提」で交わされた契約は無効になります。ただし、買い手側もプロの査定師が入念に車をチェックしているはずなので、買い手側にも問題があるという考え方もあります。

 

そういった細かい約束事については、契約書に記載されていると思いますので、まずは不正を行わないことを前提に、文言をチェックしておきましょう。


不正などしていない・知らなかった・・

買取契約を買取店から一方的に解除されてしまい、その理由に思い当たる節が無い場合にはどうしたら良いのでしょうか?

 

前にも言いましたが、買取店は査定の段階で、プロの査定師による査定を行っているはずなので、車の事故歴等を見つけることができなかったという点で少なからずあります。

 

しかも、あなたがその事実を知らない場合には、「証拠となるもの」の提出を求めることができます。

 

例えば、買取店が「事故歴がある」と言い始めた場合には、その証拠となる画像なりを買取店に対して提示してもらうことができるということです。

 

あなた自身に責任が無いという場合は、絶対にそのことを貫いてください。買取店に事故歴があると言われても、無いものは無い、ということで主張をすることが大事なことです。

 

個人的に、今まで契約を解除されたという話は聞いたことがありません。少なくとも私がお勧めしている一括査定サイトではありません。

 

一括査定.com |厳しい審査を通過した優良企業のみがエントリー

一括査定.comは「一般社団法人 日本自動車流通研究所」が運営する一括査定サイトで、査定業者はいずれも厳しい審査を通過した優良企業のみとなります。各企業が競ってあなたの車の最高値を算出するシステムで、「お客様相談室」が設置されており、悩みごとやトラブルに関する相談に乗ってくれます。業者とのやり取りに不安を感じる方には、最もお勧めできる査定サイトです。

 

例えば上記の一括査定サイトでは、何らかのトラブルに巻き込まれてしまったときに、一括査定サイト自身がそれに対応をしてくれます。

 

相手は業者ですから、トラブルに巻き込まれてしまったときに対応するのは限界があります。もし、心配な方は、最初から安心できる一括査定サイトを選ぶことが、トラブル防止の第一歩と言えます。

 

⇒「必見!」車買取に必要な基礎知識