交渉は粘るべきか?

長期戦か?それとも短期決戦か?一括査定交渉のポイント

よく聞く話として、粘った結果新車価格が安くなった、買い取り価格がアップしたなどと聞くことがあります。一昔前ならそのような話はよくありました。

 

しかし、現代の自動車業界は過度な競争によって、メーカーや販売店の利益が薄いため、販売に関わる時間も短縮しなければなりません。

 

そのため、販売店側が最短でそれなりの価格を提示してくることがほとんどなのです。

 

昔のようにインターネットが普及していない時代には、そもそも販売価格がわからないことが多かったのですが、現代は新車の購入価格や、中古車の買い取り価格はおおよそ調べがつきます。

 

ほとんどのお客は、事前に学習してくるので、販売店側も無用な駆け引きは行わないのが一般的となりました。

 

値引きや買い取り価格アップは粘れば粘るほど効果が出る時代とは違います。

 

もし、あなたには予算があって、もう少し下がれば購入を決断する・・・という決定的な場合を除いて、無用な交渉はすることなく短期決戦で勝負を決めに行きましょう。

 

ただし、以下の方法は一定の効果が見込めます。

 

一度交渉に行って一度持ち帰る

一度持ち帰ることで、販売店の営業マンとの付き合いをより深くするという意味合いもあります。検討している間に営業マンから連絡が入るようなら大成功と言えます。

 

あえて試乗はしない

試乗=購入という時代は終わりました。かえって試乗するお客ほど「本気度が薄い」というのは営業マンは百も承知です。ですから購入を決めるまでは試乗はしないという方法もあります。総じていえば本気度を示すということです。
お店側は「一度試乗してみては?」と声をかけてくると思いますが、一度は断り2度目の来店で「試乗させてくれ」と本気度を段階的に示す方法もあります。

 

情報はできるだけ収集しておく

新車の購入価格、買取査定の価格は少しインターネットを調べればすぐにわかります。しっかりと頭に入れておけば、提示された価格が自分の希望に合うかどうかがわかります。

 

いかがですか?

 

新車の購入も、車の買取査定も短期決戦で希望の金額をゲットできるようにしましょう。たとえ納得のいかない価格であっても、多くのお店の情報を調べておくことが重要です。

 

最近、インターネットによる一括査定の影響で、買取業者の収益が落ちているというニュースが話題になりました。裏を返せば、インターネット査定は消費者に有利な条件であることが多いということです。

 

決して損をすることが無いインターネットの一括査定の詳しい情報はトップページをご覧ください。

 

※トップページはこちらをクリック(タップ)