断られることを恐れない今どきの営業

「競合店で買いますよ」は武器にならない今時の営業マン

自分は交渉ごとが大の得意だと思っている方は、車を売る時や買う時は注意が必要です。

 

なぜなら今時の営業マンや買取店は「お客に断られても気にするな」という教育を受けているからです。一昔前なら考えられないことですが、現実は社員になるべく負担をかけないように配慮されている企業が多いのです。

 

断る

 

特に営業マンはストレスの溜まりやすい業種ですから、会社としてもあまり精神的な負担を与えないためにそういった教育をしているのです。

 

車を高く売りたい一心で相手を追い詰めるのは間違いです。それよりももっと効率的に自分が載っている車種を一番高く売る方法を考える方が得策と言えるでしょう。

しっかりアピールすることは大事

交渉に動じることがない最近の営業マンですが、しっかりと自分の意思表示をするというのは大切なことです。例えば、オプションやホイール、タイヤの状況など、アピールできる部分はしっかりアピールしてください。

 

事故歴やキズについては原則として自己申告をしてください。黙っていてもプロの目は誤魔化すことはできませんし、正直に申告することで、買取業社との信頼関係が深まることになります。

 

買取価格に満足することができなければ、絶対に買取に応じてはいけません。買取に応じた時点で「満足した」と判断されてしまうからです。

 

断る時はその理由を正直に言ってしまって大丈夫です。先に述べた通り、営業マンや担当者は断られることをそれほど気にすることはありません。

 

車買取一括査定の安全性やお勧めのサイトについては、当ホームページのトップページに詳しく掲載されています。是非ご覧ください。

 

★車買取一括査定の詳細はコチラ★

 

インターネット査定なら、顔が見えない・システム化されているから断るのも簡単。利用したら売らなければいけないの?という気持ちは必要ありません。査定は無料ですからどんどん利用しましょう。